050-3701-6592

電話対応10:00~15:00(土・日休)

mail: yoshikatsu.aikawa@gmail.com

相続 相続手続き

相続による自動車移転登録に必要なもの

更新日:

被相続人の遺産である自動車の名義変更をしたいんだけど、どうすればいいのだろう?

こんにちは山梨県相続遺言相談センターです。今回は上記のような質問にお答えするため相続による自動車の移転登録に必要な書類について記載していきたいと思います。

被相続人の遺産に自動車が含まれている場合、自動車についても相続の手続きが必要となります。共有の場合は問題ないのですが使い勝手が悪いので一般的には遺産分割協議書を作成し、相続人1人の名義にします。

自動車の移転登録に必要なもの

必要書類

  • 移転登録の申請書
  • 自動車検査証
  • 『戸籍謄本』または『戸籍の全部事項証明書』
  • 印鑑証明書(自動車取得者のもの発行後3ケ月以内)
  • 移転登録申請に関する委任状(自動車取得者からもので実印を捺印したもの)
  • 遺産分割協議書(相続人全員の署名捺印が必要)
  • 車庫証明書(故人と同一の車庫を故人と同居していた相続人が引き続き利用する場合は車庫証明不要)

自動車の相続による移転登録手続きでは上記のような書類が必要となります。移転登録の申請先は山梨県の場合、山梨運輸支局(山梨県笛吹市石和町唐柏1000-9  TEL:050-5540-2039)となっています。

申請書や手数料納付書、自動車税申告書については陸運局の窓口で取得できます。なお、自動車を廃車にしたり売却する場合も一度、被相続人名義から相続人名義に変更を行う必要があります。自分で手続きを行う場合は、必要書類が揃った段階でアポを取り訪問すると良いでしょう!

車庫証明が必要な場合

故人と同一の車庫を故人と同居していた相続人が引き続き利用する場合は車庫証明は不要ですが住所が異なる場合、車庫証明が必要となります。車庫証明は自動車の移転登録と異なり管轄の警察署で取得手続きを行います(管轄の警察署につきましては「山梨県の警察署の管轄」をご覧ください)。

このように、自動車の移転登録(相続による名義変更手続き)では様々な役所に行く必要があります。今回の記事が山梨県での相続遺言手続きの参考になりましたら幸いです。

相続や節税を税理士に相談

相続手続きや節税対策を税理士へ依頼しようとお考えでしたら税理士ドットコムがオススメです。

税理士と言ってもすべての税理士が相続・節税手続きが得意なわけではなく、手続きを全くしたことがない税理士も沢山います。税理士ドットコムでは相続や節税手続きに長けている優秀な税理士を無料で紹介してくれるので安心です。

  • この記事を書いた人
YOSHIKATSU AIKAWA

YOSHIKATSU AIKAWA

山梨県甲府市で相続遺言専門の行政書士として活躍しています(登録番号:第14160762 会員番号:第787番)。自身の所有する会社や個人事業主で2011年頃から不動産賃貸業を行なっているので大家業を行なっている地主様の相続手続きが得意です。単なる相続の相談だけではなく、大家業全般についてもご相談いただけます。

-相続, 相続手続き

Copyright© 山梨県相続遺言相談センター , 2019 All Rights Reserved.