古物商許可の取得方法

古物商許可申請書類の提出先

更新日:

古物商の許可を取る方法

こんにちは山梨県古物商許可取得相談ナビです。今回は「古物商許可申請書類の作成方法は解ったけど、ドコに提出すれば良いんだろう?」といった方向けに古物商許可(1号営業許可)申請書類の提出先について記載して行きたいと思います。

古物商許可申請書類の提出先

古物商の許可申請書類の提出先は古物営業法上下記のように定められています。

古物営業法3条1項

前条第二項第一号(古物商)に掲げる営業を営もうとする者は、営業所(営業所のない者にあつては、住所又は居所をいう。以下同じ。)が所在する都道府県ごとに都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。)の許可を受けなければならない。

古物営業法3条2項

前条第二項第二号に掲げる営業を営もうとする者は、古物市場が所在する都道府県ごとに公安委員会の許可を受けなければならない。

申請書の提出先

1号営業(古物商)を営もうとする人は営業所が存在する都道府県の公安委員会に書類を提出する事になります。

また、同一の都道府県内に置いて複数の営業所を設けて新たに一号営業を営もうとする人は営業所ごとに許可を取得する必要は無く、その都道府県を管轄する公安委員会から一つの許可を受ければ足ります。

具体的な提出先

実務面では施行規則第1条2項により公安委員会に許可申請所を直接提出するのではなく、営業所の所在地の所轄警察署長(実際の窓口は所轄警察署の生活安全担当課など)を通じて通常、正副2通の許可申請所を提出するよう定められています(山梨県の警察署一覧については「山梨県の警察署の管轄」で掲載しています)。

施行規則第1条2項

法第五条第一項の規定により都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。)に許可申請書を提出する場合においては、営業所(営業所のない者にあっては、住所又は居所をいう。以下同じ。)又は古物市場(二以上の営業所又は二以上の古物市場に係る許可申請書を提出するときは、当該営業所又は古物市場のうちいずれか一の営業所又は古物市場)の所在地の所轄警察署長を経由して、正副二通(公安委員会が別段の定めをしたときは、正本一通。以下同じ。)の許可申請書を提出しなければならない。

自身で許可申請を行う場合はアポを取った後、警察署の生活安全課などへ直接赴けば、書類の書き方等を教えて頂けると思います。今回の記事が古物商許可取得の参考になりましたら幸いです。

-古物商許可の取得方法

Copyright© 山梨県古物商許可取得相談センター , 2019 All Rights Reserved.