許可後の運営方法

古物商の許可証の再交付

更新日:

古物商の許可を取る方法

こんにちは山梨県古物商相談センターです。今回は「古物商の許可証を無くしてしまった!どうしよう・・・」といった方向けに許可証の再交付手続きについて記載していきたいと思います。許可証の再交付手続きは難しくありませんので万が一許可証を紛失した場合はすぐに再交付手続きをするようにしましょう!

古物商の許可証を紛失した場合の手続き

古物商の許可証を紛失した場合は、速やかに公安委員会に届け出て許可証の再交付を受けなければならないとされています。許可証の再交付手続きは当日で完了しますが再交付に時間がかかりますので余裕を持って警察署へ行くようにしましょう。

古物営業法第5条4項

許可証の交付を受けた者は、許可証を亡失し、又は許可証が滅失したときは、速やかにその旨を公安委員会に届け出て、許可証の再交付を受けなければならない。

再交付手続きの窓口

再交付手続きの窓口は古物商許可申請書類を提出した警察署(経由警察署)の生活安全課です。例えば甲府警察署(甲府市中央1丁目10-1)へ許可申請をしていた場合、再交付手続きの窓口は甲府警察署になります。

注意点

古物商許可の取得後に営業所を移転し「移転の届出」を提出している場合には、移転後の事務所を管轄している警察署が再交付申請の窓口となります。

提出書類と手数料

再交付申請書

提出書類としては上記の再交付申請書を利用します。警察署のホームページにwordデータがありますのでダウンロードして記載すると良いでしょう!警察署の窓口でももらう事ができますので時間がある方は警察署へ行って窓口で聞いてみましょう。

許可証の再交付手続きの手数料は1300円となります。許可申請時と同様に現金で支払うのではなく、警察署にある会計窓口で証紙を購入して支払います。

施行規則第4条1項

法第五条第四項の規定により許可証の再交付を受けようとする者は、当該許可証を交付した公安委員会に、別記様式第四号の再交付申請書を提出しなければならない。

申請書類に書く許可証の許可番号がわからない・・・

通常は古物商プレートやインターネットのホームページに記載があると思うので「許可番号がわからない」なんて事はありえませんが、許可番号がわからない場合は管轄の警察署へ問い合わせてみるしかありません(多分怒られますが・・・)。

古物商許可証の再交付まとめ

いかがだったでしょうか?許可証の再交付手続きは難しくありません。個人的に疑問に感じるのは許可証の再交付は1300円なのに対し許可証の書き換えが1500円必要な点ですが、世の中よくわからない事も多いので気にしないほうがいいでしょう!今回の記事が山梨県での古物商許可申請の参考になりましたら幸いです。

-許可後の運営方法

Copyright© 山梨県古物商許可取得相談センター , 2019 All Rights Reserved.