許可後の運営方法

ホームページ利用取引の表示義務

更新日:

古物商の許可を取る方法

こんにちは山梨県古物商相談センターです。今回はホームページ利用取引の表示義務について書いて行きたいと思います。ホームページ(webサイト)を使って古物を買取する場合は許可番号の表示が必要です。

ホームページ利用取引

古物商は、ホームページ利用取引をしようとする時はその取り扱う古物に関する事項とともに、その氏名又は名称、許可をした公安委員会の名称及び許可証の番号をそのホームページに表示しなければならないとされています。

古物営業法第12条2項

古物商は、第五条第一項第六号に規定する方法を用いて取引をしようとするときは、その取り扱う古物に関する事項と共に、その氏名又は名称、許可をした公安委員会の名称及び許可証の番号を電気通信回線に接続して行う自動公衆送信により公衆の閲覧に供しなければならない。

許可証番号の表示方法

許可証番号の表示方法としては基本的にはその取り扱う古物に関する事項とともに表示しなければなりません。ただし、以下のような表示方法も認められています。

可能な表示方法

  • 古物を取り扱うサイトのトップページに表示する事
  • トップページ以外のページに表示し、該当ページへのリンクをトップページに設定する事

一般的には古物を取り扱うサイトのトップページに表示する方法がとられてる事が多いので特段のこだわり等が無ければトップページに表示する方法を採用する事をオススメします。

また、複数の公安委員会から1号許可を受けている古物商は、その全ての公安委員会の名称及び許可証の番号を表示しなければなりません。今回の記事が古物商ビジネスの参考になりましたら幸いです。

-許可後の運営方法

Copyright© 山梨県古物商許可取得相談センター , 2019 All Rights Reserved.