古物商の基本知識

古物商の許可が必要な営業形態と許可がいらない営業形態

更新日:

古物商の許可を取る方法

こんにちは山梨県古物商相談センターです。今回は営業形態等について書いて行きます。古物商の許可が必要な古物営業とは以下のものを言います。

古物営業とは

古物営業とは

  • 1古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業であつて、古物を売却すること又は自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行うもの以外のもの
  • 古物市場(古物商間の古物の売買又は交換のための市場をいう。以下同じ。)を経営する営業
  • 3古物の売買をしようとする者のあつせんを競りの方法(政令で定める電子情報処理組織を使用する競りの方法その他の政令で定めるものに限る。)により行う営業(前号に掲げるものを除く。以下「古物競りあつせん業」という。)

一般的に古物商の許可という場合は1の"古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業であつて、古物を売却すること又は自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行うもの以外のもの"の事を指します(1号営業)。

具体例

せどりや転売などの場合も古物商(1号営業)に該当します。また、3号営業のあっせん業者とはヤフオクなどのことです。

規制対象外の営業形態

1号営業については盗品などの混入の恐れが乏しい営業形態は規制対象がから除外されており、以下のような営業形態の場合は古物商の許可は必要ありません。

許可がいらない営業形態

  • 古物の買取を行わず、古物の売却だけを行う営業
  • 自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受け取ることのみを行う営業

例えば産廃業者などは古物を売る場合がありますが、お金をもらって産業廃棄物や住宅家財を引き取っているので古物営業には該当しません(もちろん対価を支払って買取る場合は産廃業者でも古物営業に該当します)。今回の記事が山梨県での古物商許可の参考になりましたら幸いです。

-古物商の基本知識

Copyright© 山梨県古物商許可取得相談センター , 2019 All Rights Reserved.