古物商の基本知識

古物・古物商の言葉の定義

更新日:

古物商の許可を取る方法

こんにちは山梨県古物商相談センターです。今回は「古物って何?」「廃品回収業をしたいんだけど古物商の資格は必要?」といった方向けに古物と古物商について詳しく書いて行きたいと思います。

古物営業法上、古物とは下記のものを言います。古物に該当しない物品を扱う場合、基本的には古物商の許可を受けなくても問題ありません。関連記事につきましては「古物商の許可が必要な営業形態と許可がいらない営業形態」もご覧ください。

古物とは

この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、 大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう(古物営業法第2条第1項)。

古物とは

  • 一度使用された物品
  • 使用されない物品(新品)で使用の為に取引されたもの
  • 上記いずれかの物品に幾分の手入れをしたもの

物品には商品券、乗車券、郵便切手などいわゆる金券類が含まれますが、船舶、航空機、工作機械等は含まれないとされています。これらの古物を扱いビジネスを行う場合、古物商の許可が必要になります。

古物商とは

古物商とは古物営業法2条3項に以下のように記されています。

古物営業法第2条3項

この法律において「古物商」とは、次条第一項の規定による許可を受けて前項第一号に掲げる営業を営む者をいう。

簡単に説明すると古物を売買交換委託を受けて売買委託を受けて交換するなどの営業を行うため、許可を受けた者の事です。

そのため、法律上、国内のインターネットオークション等で古物を購入しその古物を再度国内インターネットオークション(ヤフオクなど)で売却(転売)するのには古物営業法上の許可が必要と言うことになります。

また、ブックオフなどの中古品を取り扱う実店舗で古物を購入しその品をヤフオク等で売却する(せどりなど)場合も法律上は古物商の許可が必要となります。今回の記事が山梨県での古物商ビジネスの参考になりましたら幸いです。

-古物商の基本知識

Copyright© 山梨県古物商許可取得相談センター , 2019 All Rights Reserved.