古物商の基本知識

行商による買取や買受

更新日:

古物商の許可を取る方法

こんにちは山梨県古物商相談センターです。今回は「古物商の行商って何?」と言った方に向けて行商の言葉の定義や根拠法について記載していきたいと思います。

行商とは

行商とは、営業所を離れて取引を行う営業形態を言います。また、一般公衆が往来する場所等に設置された仮設店舗を露店と言い、露店を出す場合も行商に含まれます。

従来行商をしていた古物商が行商を止めた時や、これまで行商をしていなかった古物商が行商を始めた時は公安委員会に変更の届け出をしなければなりません

注意点

行商には古物市場での売買なども行商に含まれており、古物市場などで買ってきた古物をネットショップなどで販売する場合は行商従業者証が必要となります。せどりなどのビジネスモデルを考えている場合は行商従業者証を取得しておきましょう!

行商の規程は適正な古物営業の実施を確保する観点から設けられています。最近はそうでもないと思いますが、以前、行商は固定した営業所における古物営業に比べて、帳簿記載や確認等の義務もシッカリしていなかった人が多かったようです。

申請書には行商に○をつける

古物商の申請書

古物営業法第5条5号

第二条第二項第一号に掲げる営業を営もうとする者にあつては、行商(露店を出すことを含む。以下同じ。)をしようとする者であるかどうかの別

古物営業法第7条第1項

古物商又は古物市場主は、第五条第一項各号に掲げる事項に変更(同項第二号の所在地の変更にあつては、同一の公安委員会の管轄区域内におけるものに限る。)があったときは、公安委員会に、国家公安委員会規則で定める事項を記載した届出書を提出しなければならない。

行商チェックポイント

  • 古物商の申請書には行商に○をつけたほうがいい
  • 行商は後から追加すると費用がかかる
  • 行商ができないと仕入先が限定されてしまう

最後に、行商に関する法律やチェックポイントは上記のようになっています。古物商申請書の行商に○(マル)を付けたからといって追加で費用発生はしませんので今後のことを考えても行商に○を付けて申請しましょう。

行商は後から変更すると費用がかかりますし、行商をする事ができないと仕入先が限られてしまうためビジネスを回しにくくなります。今回の記事が古物商ビジネスの参考になりましたら幸いです。

-古物商の基本知識

Copyright© 山梨県古物商許可取得相談センター , 2019 All Rights Reserved.