古物商許可の取得方法

古物商許可の手数料と費用

更新日:

古物商の許可を取る方法

こんにちは山梨県古物商相談センターです。今回は古物商の許可申請をする上で知識として必要になってくる費用の面について書いて行きたいと思います。古物商許可申請は専門家に依頼しなかったとしても最低19,000円の費用がかかります。

古物商許可の手数料一覧

1号営業(古物商許可)及び2号営業(古物市場主)に関する手数料については、地方公共団体の手数料の標準に関する政令によって、地方公共団体が条例で定める手数料を徴収する事務及び手数料の標準となる額が定められる事となりました。政令で定める標準額については以下の通りで山梨県でも下記の金額がかかります(山梨県警察のホームページでも申請手数料を確認できます)。

古物営業の許可に対する審査 19000円
許可証の再交付 1300円
許可証の書換え 1500円

19,000円は自身で申請を行っても最低限かかってくる費用です。この他に行政書士等に依頼すると数万円の費用がかかります。また、行商など許可証の記載事項について、許可証の書換を後ほど行う場合1500円の費用が発生するので注意が必要です。

手数料の注意点

手数料の注意点として、万が一不許可だった場合や申請取り下げをした場合でも手数料は帰ってきません。自分で申請する場合は許可要件を確認の上、申請するようにしましょう。

手数料以外の費用

上記のような手数料以外に個人の場合でもこちらの様な書類が必要になり、集めてくるだけで数千円程度の費用が発生します。

ただ、古物商は士業(行政書士、弁護士、税理士等)のように更新が必要なわけではなく、許可さえ取得すれば維持費はかかりません。今回の記事が古物商許可の参考になりましたら幸いです。

-古物商許可の取得方法

Copyright© 山梨県古物商許可取得相談センター , 2019 All Rights Reserved.