古物商手続きや集客ならお任せください!

お問い合わせ

古物商許可の悩み

古物営業を始める為には「何をしなければならないのか?」「どのような場合に許可が下りないのか」「どのような手続きが必要になるのか?」「どこに申請すればいいのか?」など沢山の悩みがあるでしょう!当サイトではそんな悩みを解決できる情報を提供しておりますので古物商許可申請の参考にして頂けると幸いです。

ビジネスなら行政書士事務所へ相談

山梨県古物商相談センターでは古物商許可取得の専門家である行政書士が記事を作成させて頂いております。当サイトを一読すれば問題なく古物商の許可が取得できるよう作成させて頂いておりますのでご安心ください。個人の許可申請だけではなく法人の許可申請にも対応しております。

古物取引の最大の特徴は窃盗や強盗といった犯罪によって取得された物品が混じっている恐れがある事です。

古物の売買が自由に行われると、犯罪に関する物品が処分されやすくなり、その結果、犯罪が助長される事にもなります。そこで、日本では古物営業法という法律に基づいた許可制が取られています。

古物商ビジネスをするなら読んでおきたい法令集

古物営業法

こちらのサイトと合わせて下記の関係法令などを一読するとより古物商営業に関する理解が深まりますので一読することをオススメします。

読んでおきたい法例集

  • 古物営業法
  • 古物営業法施行令
  • 古物営業法施行規則
  • 行商従業者証等の様式の承認に関する規程
  • 地方公共団体の手数料の標準に関する政令
  • 電磁的方法による保存等をする場合に確保するようにつとめなければならない基準

また、当サイトでは実務的な観点からヤフオクせどりネット転売輸入販売輸出販売などについて「どのような場合に許可が必要なのか?」「どのような場合に記帳義務が発生するのか?」「どのような場合に本人確認が必要なのか?」など許可後の運用面についての疑問にも可能な限り対応させて頂いております。

古物商の許可は許可の取得自体よりも運用が難しい許可(資格)です。事業経営で大変だと思いますが取得後も可能な限り古物営業法などについて勉強するようにしましょう!

山梨県古物商相談センターとは

行政書士

山梨県古物商相談センターでは山梨県甲府市を中心とした地域での古物商ビジネスのサポートを行っております。甲府を中心とした地域で「中古車販売業」「骨董品販売業」「着物販売業」「古本販売業」「リサイクル業」などの古物商ビジネスをご検討の場合はお気軽にお問い合わせ頂けたら幸いです。ビジネス自体の実務経験も豊富な行政書士が対応させて頂きます!!

古物商の許可を取る方法

許可後の運営方法

古物商の許可証の再交付

こんにちは山梨県古物商相談センターです。今回は「古物商の許可証を無くしてしまった!どうしよう・・・」といった方向けに許可証の再交付手続きについて記載していきたいと思います。許可証の再交付手続きは難しくありませんので万が一許可証を紛失した場合はすぐに再交付手続きをするようにしましょう! 古物商の許可証を紛失した場合の手続き 古物商の許可証を紛失した場合は、速やかに公安委員会に届け出て許可証の再交付を受けなければならないとされています。許可証の再交付手続きは当日で完了しますが再交付に時間がかかりますので余裕を ...

古物商の許可を取る方法

未分類 許可後の運営方法

古物商の変更手続きと許可証の書換

こんにちは山梨県古物商相談センターです。今回は古物商の許可証の変更届けについて詳しく解説していきたいと思います。古物商の変更手続きでは要件によっては別途許可証の変更が必要になるため費用が発生することがあります。費用発生や変更の手間を極力抑えるためにも初めの段階で包括的な申請手続きを行うことが大切です。 古物商の変更手続きが必要な場合 古物商は下記のような事項について変更があった時は公安委員会へ変更届出書の提出を行わなければなりません。 変更届けが必要な事項 氏名若しくは名称又は住所若しくは居所 法人の代表 ...

古物商の基本知識

山梨県の警察署の管轄

甲府警察署の管轄 所在地甲府市中央一丁目10-1 TEL055-232-0110 甲府市の北部(和田、砂田、城東、中央、相生、石田、高畑地区以北) 交番・駐在所 甲府駅前交番 055-224-6944 寿交番 055-226-1061 城東交番 055-237-2296 酒折交番 055-235-0970 山の手交番 055-253-6076 千塚交番 055-253-5559 池田交番 055-226-1064 貢川交番 055-226-1063 甲運駐在所 055-235-0955 北新駐在所 055 ...

古物商の許可を取る方法

古物商の基本知識

行商による買取や買受

こんにちは山梨県古物商相談センターです。今回は「古物商の行商って何?」と言った方に向けて行商の言葉の定義や根拠法について記載していきたいと思います。 行商とは 行商とは、営業所を離れて取引を行う営業形態を言います。また、一般公衆が往来する場所等に設置された仮設店舗を露店と言い、露店を出す場合も行商に含まれます。 従来行商をしていた古物商が行商を止めた時や、これまで行商をしていなかった古物商が行商を始めた時は公安委員会に変更の届け出をしなければなりません 注意点 行商には古物市場での売買なども行商に含まれて ...

古物商の許可を取る方法

許可後の運営方法

古物取引の記録義務

こんにちは山梨県古物商相談センターです。今回は古物取引の記録義務について書いて行きたいと思います。相手方の確認義務は古物を買い取る時に必要でした。一方、取引の記録義務は売るときにも必要になるケースが存在します。 取引の記録義務 古物商は古物の売買、交換、売買又は交換の委託により古物を受取、又は引き渡した時は、その都度、次のいずれかの方法で記録しておかなければなりません。この規定は古物営業法第16条に記載があり、下記のようになっております。 古物営業法第16条 古物商は、売買若しくは交換のため、又は売買若し ...

古物商の許可を取る方法

許可後の運営方法

古物商の対面・非対面取引における相手方の確認義務

こんにちは山梨県古物商相談センターです。今回は非対面取引や対面取引における相手方の確認方法について書いて行きます。インターネットが普及する前までは対面取引が主流でしたが最近では宅配買取なども増えてきており、非対面取引が多くなっています。  対面取引における相手方の確認方法 古物営業法第15条には、古物商が古物の買受け(買取)等を行う際に行わなければならない相手方の確認等の義務及び不正品の申告義務について定められています。 これは盗品等の古物流通市場への流入の防止という古物営業法の目的を達成する為に課されて ...

Copyright© 山梨県古物商許可取得相談センター , 2020 All Rights Reserved.